GOAL VISION

どこに向かっていけばいいのかを明確にする

フリーのウェディングプランナーとしての大きな仕事の一つとしては、新郎新婦様に、当日の結婚式がどのようなものになるかをありありと心の中に描いてもらうようにすることです。目に見えないものをご提案するので、本当にできるのかな? なにかあったらどうしよう? 期待と不安がいりまじって ドキドキ。けれど一つでも不安をとりのぞき、ワクワクの方が勝つようにサポートをしてあげること。

結婚式は、順調になにごともなく当日を迎えられるということは100%ありえない、と思ってください。なにかあるのがあたりまえ。そんな時に、ゴールビジョンをしっかり描けているかどうかで、心が折れずに前に進む、支えになります。そしてサポートするチームスタッフにどこに向かえばいいのかを伝えてチームワーク力を高めることや、おふたりのゲストに、何を受け取ってもらえるのかをしっかり掴んで準備を進めることで、結婚式そのものに、ブレがなくなり、急な方向転換や、キャンセル、という最悪の事態を回避することにもつながります。

そのためには、自分自身がまず、なにかをするときには、最初にゴールビジョンを描く、という訓練を常日頃からしておくことが必要になります。

そこで、一番大事なこと!

自分自身がフリープランナー として、どんなゴールを目指すのか、どんな人生を歩みたいと考えているのか、これが達成できたら最高!という映像を心の中にしっかりと描くことから はじめましょう。

途中で学んでいくうちに、すこしずつ軌道修正して構いません。

つねに自分が最高にワクワクできるビジョンを持っていることがとても大事。

これがあると、途中でうまくいかないことがあっても、メンタリティを強く保てるようになり、前進するための力を自分自身で生み出す事ができるようになります。

GOAL VISIONを描くためのSTEP

01 ラフに言葉にしてみる

最初にラフでいいので、どんなプランナーになりたいのか、どんな結婚式をプロデュースしたいのか、実現したい夢など、evernoteに、ざっくり言葉で書いてみましょう。書いたら野口までラインで送ってください!

02 ビジュアルイメージを集める

次に、イメージに近い画像や、言葉、モチーフ、憧れの人の写真、など、自分がワクワクするものを集めます。ピンタレストや、グーグルの画像検索、インスタなどが役にたつかとおもいます。こちらもevernoteに集めていきましょう。あつまったらラインのノートにアップしてください!

03 ビジュアルシートを作成する

上記を整理して Mac をお使いであれば、Keynote というプレゼンソフトがあるので、そちらにまとめてみましょう。Keynoteでビジュアル資料ができたら、メニューバー「ファイル」>「書き出し」>「イメージ」を選び、イメージ画像にして、こちらもラインのアルバムにアップしてください。